2017420日に日本センターが開いてから7年ぶりです。

センターの創業者はオレグ・デリパスカの「自由の問題」という財団です。

「自由の問題」財団はロシアの最大慈善団体で、世界最大の資金5つの中です。

財団は海外とロシアの42の地域で400以上の慈善プログラムやプロジェクトを実施しました。

htmlimage

 

クラスノダール市で日本財団と共にアニメ・フェスティバルが6つと展覧会が3つ開催しました。10000人以上の人々が参加しました。

大学やカレッジの教師の50人に改善やTPSの訓練をおこないました。

企業の指導者のためのワークショップが100回以上開催しました。

5000人以上の人に改善の哲学を教習しました。

18の学校で生徒が400人日本センターの手法の通りで勉強します。

当社の主なパートナーは豊田エンジニアリング株式会社、名古屋市、日本。

Без заголовка

センターのミッション

クラスノダール地方の教育や公共と地域の当局や工業やサービスの分野TPST-TPSに基づく日本の指導技術を促進です

共同活動を通じて、クラスノダール地方と日本のビジネスや文化関係の発展です。

若者や生徒に日本語を教えること。

ыва

センターの目的

 

вамвм

 

教育や文化の分野では

クラスノダール地方で改善とTPSと関係がある露日教育プロジェクトだけでなく、他のクラスノダール地方の指導分野で革新的な知識の推進と実施。

日本とクラスノダール地方の学生の教育や科学の交流をサポートします。また、学生や様々な分野のビジネスリーダーのために改善ツアーや育成を組織します。

クラスノダール地域における日本文化と芸術を振興します。地元当局や日本財団の支援のおかげで、日本文化の展覧会やアニメフェスティバルを組織します。

Unknown

 

経済圏では

クラスノダール地方の市場に参入する日本企業への支援(訪問のビジネスプログラムの組織、ビザ受取の支援、交通、通訳、ホテルの宿泊施設、遠足)。

クラスノダール地方の経済分野へ日本の投資を誘致し、日本企業へ投資に関するサービスを提供。(ビジネス会の組織からクラスノダール地方の当局や他の連邦機関の投与から承認を得るための支援までです)。

科学とハイテクの分野における協力の開発。

日本の財界とクラスノダール地域の貿易と経済関係の促進。

 

DSC04023DSC_1555IMG_0485DSC03226DSC0319920161110_15403720161110_142553DSC02972DSC0246120160927_074321DSC02056DSC01999UAwEZURB8DUDSC01944DSC01908DSC01858DSC01886DSC01823duupOls4-pQDSC01176DSC01151DSC0110613226750_827432370695205_8792823452651590091_nzpn4ooNJtH0DSC00900VhRo5-hbusg